住宅診断・耐震診断のハウスチェックマネジメント仙台~リフォーム・リノベーション~

 022-344-7764

022-344-7765

お問い合わせ

業務紹介Works

リフォーム・リノベーション

リフォーム

2009年3月、創業のスタートは便利屋業です。当初は庭木の伐採や水回りの掃除、頼まれたことは何でもやってきました。便利屋は名前の通りお客様が困っていることが依頼内容、誰に頼んだら良いのだろう?どんな業者に聞けばよいのだろうか?そのようなことにお応えしてきたことで学んだことがたくさんあります。
リフォームのご依頼内容は「古くなったので綺麗にしたい」「使い勝手が悪いので使いやすくしてほしい」「家族が増えた、家族が減って間取を替えたい」など様々です。
私どもは便利屋的な小さなお仕事から増改築、リノベーションまで何でもお応えします。ご依頼により新築工事も引き受けますが、ベースはリフォーム、創業から10年で大小さまざまな施工を2700件、どのようなご相談にもお応えします。

そのリフォーム業者は大丈夫ですか?

建築基準法という難しい法律は私たちにお任せください。
でも一般の方がまず見極めなければならないのは、そのリフォーム業者は資格がありますか?私どもは設計事務所でもあります。
模様替え程度であれば良いのでしょうが、壁を壊す、間取りを替えるなどは強度を考えなければなりません。たかだか1本の柱、1m幅の壁を取り除くのにも強度を考えなければなりません。


建設業法という法律もあります。
建築には様々な業種があり、ほとんどが分業です。基礎屋さん・大工さん・板金屋さん・防蟻処理屋さん・設備屋さん・電気屋さん・クロス屋さん、その他たくさんの業種がありますが、皆それぞれ建設業許可が必要です。それらを取りまとめリフォーム工事一式を請け負うのには建築一式とういう建設業許可が必要です。(請負金額が低い時には不要な場合も有ります)建設業ならば建設業許可は当然と言えます。


最後は信用です。
何よりも信用のおける業者でなくてはなりません。会社、人、経験、知識、リフォーム工事を依頼するには請負契約を結ぶか、発注をしなければなりません。安い買い物ではないのですから、まずは信用のおける業者選定が重要です。

リノベーション

ここ数年、リノベーションという言葉が定着してきました。
リノベーションは規模によりますが、リフォームより大掛かりになることが見受けられます。
規模が大きくなるにつれ、構造や給排水路の変更が伴ってきます。
マンションは構造躯体を変えることはできませんが、間取りの変更によりプランニングが重要視されます。特に排水路、換気ダクトのプランニングです。
水廻りの位置を変更することで排水末端への排水管勾配がポイントになってきます。
トイレの便器流水量が1990年代は13.0Ⅼ程度だったものが、最新の便器は節水型の3.8Ⅼの商品まで出てきています。
当時の排水管は当時の一般的な便器流水量に対してですが、節水型の便器では水量が少ない為、排水管勾配が重要になってきます。現在の規定の勾配を取る必要があります。(トイレの位置を変更しない場合も節水型の便器は使い方が慎重になってきます。)
また、キッチンや浴室の換気ダクトのプランニングには重要です。
キッチンの換気扇では、料理の際に上昇される油分がダクトを通ります。
風量ですべて押し出されていれば問題がありませんが、マンションの構造上の梁によりダクト経路に凹部分があると、その凹部分に油分が滞ってしまいます。
年月を経過すると臭いやダクトの劣化、風量不足になりかねません。
浴室の換気も同様で、湯気を外部まで押し出せれば良いのですが凹部があると水漏れのような事象が発生します。その為にドレン付きの換気扇でドレンの排出先を排水管に接続する必要があります。
その他、マンションで問題になってくるのは「床の音」です。
マンションごとに規定があり、防音性を有する床仕上げの指定があります。
過去にはカーペットからフローリングへの変更禁止、たたみを無くしフローリングへの変更は禁止といったケースもみています。
ハウスチェックマネジメント仙台はいろいろな経験をもとにご提案いたします。

一戸建てではやはり耐震強度を無視できません。
1階が水廻りの場合、床下のスペースがあるので、比較的水廻りの変更は容易にできますが間仕切り壁の変更は建物の工法によりプランニングがシビアになってきます。
耐震強度=耐力壁となりますが、容易に変更できるものでもありません。在来工法の建物だからと言って壁の自由度があるとは限りません。壁の向き(X方向Y方向)にも注意が必要ですが、壁を付ければ良いというものでもありません。
大事なのは壁の量と壁の配置バランスです。
弊社の建築士は新築住宅メーカーに20年以上在籍し現場監督を務めていた社員です。
その上、リフォームを多数施工した者ばかりです。
安心してご相談ください。

業務説明

古い水回りの交換 ・ 壁紙の貼替 ・ フローリングの貼替 ・ 畳の交換、表替え ・ 屋根の葺き替え ・ 外壁、屋根の塗装 ・ バルコニーの交換 ・ 内窓の取付 ・ 玄関ドアの交換 ・タイルの貼替 ・浴槽の塗装 ・ 耐震改修工事 ・ 増改築 ・ リノベーション工事など

リフォーム・リノベーションの流れ

STEP1お問い合わせ

お電話・メールフォームにてお気軽にお問い合わせください。

※物件概要がわかる書類(図面・契約書等)をご用意ください。

STEP2現地確認

現地にて現在の状況をご確認いたします。

STEP3聞き取り

お客様より今後のご希望をお聞きいたします。

STEP4見積書のご提出

お見積り内容をご説明いたします。

STEP5ご依頼・ご成約

お見積もり内容に問題なければ、ご依頼いただきます。

STEP6契約、発注

ご依頼内容に従い、契約、発注の業務を行います。

STEP7工事着手、完了、確認

リフォーム・リノベーションの工事に着手致します。
工事中は状況によりお客様の立ち合いをお願いすることがございます。
(工事に際し、現況を解体してお打合せが必要なことが場合により発生致します)

STEP8お引渡し

工事内容に問題が無ければ、お客様へお引渡しいたします。

ハウスチェックマネジメント仙台へのお問い合わせはこちら

ハウスチェックマネジメント仙台へのお問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせはこちら

022-344-7764

022-344-7765

PAGETOP